通気断熱WB工法 各種お問い合わせ TEL : 026-213-5058
会社案内
サイトマップ
HOME 通気断熱WB工法とは? モデルハウス ギャラリー よくあるご質問 お客様の声 マスコミの報道 お近くの工務店 各種お問い合わせ
正しい家づくり
通気断熱WB工法とは?
健康について(動画)
省エネについて(動画)
3分でわかるWB工法
エアコンの省エネ効果実験
ホルムアルデヒドの透過実験
空気環境の違いにおける植物実験
アンモニア臭の臭気損失実験
開発物語
TV CM
資料請求
お問い合わせ
ホルムアルデヒドの透過実験印刷
ワンダーベース内実験棟の室内にホルムアルデヒドを充満させ、室内のホルムアルデヒドの時間変化を測定した結果です。
ホルムアルデヒドの減少が表す通気断熱WB工法の性能
表を拡大表示する
ホルムアルデヒドが湿気と共に、透湿性の壁を通して屋外に抜けていったため、通気性と透湿性のある建物では、約48 時間後には厚生労働省の指針値(0.08ppm)以下に下がっている事が確認できます。
ビニールクロスを使用した室内では、ホルムアルデヒドが室内にこもり濃度が下がっていく事はありません。このような状態ではシックハウスの危険性があるため、24 時間換気を常に回しておく必要がります。
資料請求はこちらから
このページの先頭へ
©WOOD BUILD Co.,LTD.All rights reserved.

ホルムアルデヒドの透過実験