通気断熱WB工法 各種お問い合わせ TEL : 026-213-5058
会社案内
サイトマップ
HOME 通気断熱WB工法とは? モデルハウス ギャラリー よくあるご質問 お客様の声 マスコミの報道 お近くの工務店 各種お問い合わせ
正しい家づくり
通気断熱WB工法とは?
健康について(動画)
省エネについて(動画)
3分でわかるWB工法
エアコンの省エネ効果実験
ホルムアルデヒドの透過実験
空気環境の違いにおける植物実験
アンモニア臭の臭気損失実験
開発物語
TV CM
資料請求
お問い合わせ
エアコンの省エネ効果実験印刷
断熱性能が同じ2棟の建物を使用して、エアコンの省エネ効果を実験したデータです。写真の左側が室内壁の仕上げ材に透湿性クロスを使用したWB工法。右側が室内壁の仕上材にビニールクロス使用した一般住宅。両方の室内で大人一人が生活していると仮定し、エその際にアコンを使用した場合の効率を実験しました。
仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の気候条件を元にシュミレーションを行った結果、
平均で約15%のエアコン使用の削減効果が得られました。
夏の過ごしやすさを得るためには、ビニールではなく透湿性のある壁材が有効だということがわかります。
仙台
表を拡大表示する
東京
表を拡大表示する
名古屋
表を拡大表示する
大阪
表を拡大表示する
福岡
表を拡大表示する
通気透湿仕様の建物では、壁が湿気を逃しているため室内の湿度が低く抑えられ、冷房潜熱負荷の50%近く削減されるため、冷房の負荷も15%近く削減される事が認められました。
高温多湿の日本の気候風土で夏場快適に過すためには、土壁のように湿気を吸ったりはいたり、外に逃したりしてくれる機能が大切だということがこの実験からわかります。
資料請求はこちらから
このページの先頭へ
©WOOD BUILD Co.,LTD.All rights reserved.

エアコンの省エネ効果実験