通気断熱WB工法 各種お問い合わせ TEL : 026-213-5058
会社案内
サイトマップ
HOME 通気断熱WB工法とは? モデルハウス ギャラリー よくあるご質問 お客様の声 マスコミの報道 お近くの工務店 各種お問い合わせ
ダニ・カビ・湿気 対策
湿気によるカビやダニ、蒸れ腐れに注意!
 
壁体内の通気性や室内の壁の透湿性がない住宅では、壁体内や室内に閉じ込められた湿気により、カビが発生します。
また、湿度が高いとダニも活発に活動するため、ダニの死骸や糞を吸い込むことにより喘息を悪化させる原因にもなります。
壁体内では、木材を腐らせたりして、建物の劣化がしてしまう恐れもありますので、十分に注意が必要です。
※ダニは、温度25℃〜30℃、湿度60%〜85%程度で活動が活発になります。湿度が60%以下だと動きが鈍くなると言われています。
通気断熱WB工法では、強制的に換気を行わなくても自然の通気の流れと壁の透湿作用で
湿気がこもらずカビの発生も抑えることができます。
通気断熱WB工法とは?(動画もあります)
お問い合わせ・無料お見積り・資料請求
九州地方の皆様は「比較体験車」をご利用できます。詳しくは(026-213-5058)までご連絡ください。
このページの先頭へ
©WOOD BUILD Co.,LTD.All rights reserved.

ダニ・カビ・湿気 対策

上記画像を拡大する(PDF)