通気断熱WB工法 各種お問い合わせ TEL : 026-213-5058
会社案内
サイトマップ
HOME 通気断熱WB工法とは? モデルハウス ギャラリー よくあるご質問 お客様の声 マスコミの報道 お近くの工務店 各種お問い合わせ
暑さ対策! しかも省エネ効果も!!
できるだけ電力を使用しないために、WB工法の仕組み
 
WB工法は、夏は自然におこる情報気流を利用して建物内の無駄な熱を排出し、冬は暖房した空気を逃がさないよう開口部を閉じることで、冷暖房に使う電力を出来るだけ減らせるよう工夫しております。また、夏と冬の切り替えを行う際に必要となる換気口の開閉も電力を使用しないよう、熱感知式形状記憶合金を採用しております。自然の温度を感知して自動的に開閉できる仕組みは、これからの節電対策として重要な仕組みです。
エアコンの省エネ効果実験
断熱性能が同じ2棟の建物を使用して、エアコンの省エネ効果を実験したデータです。写真の左側が室内壁の仕上げ材に透湿性クロスを使用したWB工法。右側が室内壁の仕上材にビニールクロス使用した一般住宅。両方の室内で大人一人が生活していると仮定し、エその際にアコンを使用した場合の効率を実験しました。
仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の気候条件を元にシュミレーションを行った結果、
平均で約15%のエアコン使用の削減効果が得られました。
夏の過ごしやすさを得るためには、ビニールではなく透湿性のある壁材が有効だということがわかります。
仙台
表を拡大表示する
東京
表を拡大表示する
名古屋
表を拡大表示する
大阪
表を拡大表示する
福岡
表を拡大表示する
通気透湿仕様の建物では、壁が湿気を逃しているため室内の湿度が低く抑えられ、冷房潜熱負荷の50%近く削減されるため、冷房の負荷も15%近く削減される事が認められました。
高温多湿の日本の気候風土で夏場快適に過すためには、土壁のように湿気を吸ったりはいたり、外に逃したりしてくれる機能が大切だということがこの実験からわかります。
通気断熱WB工法とは?(動画もあります)
お問い合わせ・無料お見積り・資料請求
九州地方の皆様は「比較体験車」をご利用できます。詳しくは(026-213-5058)までご連絡ください。
このページの先頭へ
HOME 通気断熱WB工法とは? モデルハウス ギャラリー よくあるご質問 お客様の声 マスコミの報道 お近くの工務店 各種お問い合わせ
©WOOD BUILD Co.,LTD.All rights reserved.

暑さ対策! しかも省エネ効果も!!

上記画像を拡大する(PDF)
▶エアコンの省エネ効果実験こちら